社会的時差ボケとは AT-05

  • 2019.04.14 Sunday
  • 10:00

社会的時差ボケとは  AT-05

 

 には睡眠時間をはじめ生理状態の1日のリズムをつかさどる「生物時計」が備わっているが、これと社会生活上の時間ミスマッチが起きる事や、それに伴う心身の不調を「社会的ゼットラグ」と言います。

 

 ストレスからか睡眠リズムが狂う「社会的ゼットラグ(時差ボケ)」が大きな問題を提起しています。

 睡眠時間の減少が仕事に影響を及ぼし、体調不良、生活習慣病の要因にもなっています。

 夜型生活を止めて朝方に切り換える等をして生活習慣を変えると睡眠リズムが取り戻せると言います。

 

 現代人は5勤2休で生活しており、若い方は土日で寝だめをする事が多いと言いますが、これが落とし穴で平日と休日で3時間以上のズレが出来るとゼットラグが起きると言います。

 ゼットラグは個人差が大きく「朝型人間」「夜型人間」がおり、その人の体内時計タイプの違いによります。

 国立精神・医療研究センター等の調査によると

  成人の10%が強い夜型

          20%が普通の夜型

          30%が朝型

     40%が中間型 に分類されるといいます。

 

 影響を受けやすいのは、特に夜型で夜に強いので遅くまで起きており、現実生活では朝起きるので、朝型や中間型に比べると睡眠時間が少なくなり、いわゆる「睡眠負債」をため込みやすくなります。

 社会的ゼットラグは、海外渡航の時差ボケに比べると、時間のずれは小さいものの、慢性的な疲労を溜めるので心身ともに影響を受けると海外の研究で明らかになりました。

 

 2015年ニュージーランドで約1000人を対象にした調査では、肥満・メタボリックシンドロームの数値が高くなり、ブラジルで4000人を対象にした調査では社会的ゼットラグが2時間を超えると、抑うつ症が強くなると判明しました。

 お昼の2時前後に眠くなるのは正常な体内リズムなので、10分〜20分のお昼寝は身体に良いと言います。

 就寝前のスマートフォンの使用は、刺激が強いので寝つきが悪くなると言います。

 

 睡眠リズムを整えるには

  (親も休日も起床する時間を変えない

  ⊃臾音間を確保するには起床時間から逆算して就寝時間を決める

  D起きたら朝日を浴びて体内時計をセットする

  ぅ丱薀鵐垢里茲食事と朝食は必ず食べる

  ヅ度な運動をする

  深酒はしないこと

  Щ纏や人間関係でストレスを溜めない事

  昼食後10〜20分お昼寝をする

  夜はゆっくりとお風呂に入り、リラックス・リフレッシュタイムを持つ事

       

  日常生活でごく普通に実行すれば良いことですが、なかなか実行できないのも、 又、人のようですが健康生活を送るなら実行しましょう。

 

耳の老化は30代から始まっている AT-05

  • 2019.04.14 Sunday
  • 09:55

耳の老化は30代から始まっている AT-05

 

 耳鼻咽喉科の先生は、聴力の衰えは50代〜60代から気付くようになります。

 実際には30代から始まっており、日常生活の中で聞こえにくいと自覚するのは難しくて、生活に支障が出て初めて分かる方が多いと言われています。

 加齢による老眼と違い難聴に関する対策は少なく、困っている方が多いと言います。

 

 耳は外耳・中耳・内耳に分かれており、耳の老化は殆ど内耳で起きます。

 音は外耳通を通り、鼓膜の振動により増幅されて、内耳で電気信号に変換されて脳に伝わります。

 

 音が聞こえなくなるというのは、

  内耳にある蝸牛という器管内の音を感じるセンサーです。

  有毛細胞が加齢と共に傷んでくるので加齢による難聴は治りません。

  (傷ついた有毛細胞は再生しません)

  悪化すれば最終的には補聴器が必要となります。

 

 加齢性難聴の場合は、まず周波数の高い音が聞こえにくくなります。

 まず子音の聞き違いが増えると言います。

 「うし」と「くし」と「すし」等、高い周波数で構成されるカ行・サ行・タ行の音が聞き分け難くくなります。

 早口の会話が聞き取り難くなります。

 聞きやすい音の範囲が狭くなり、一定のレベルを超える大きい音をうるさく感じるようになります。

 

 聴力の衰えの進行や、生活上の不便さは個人差が大きいと言います。

 難聴に関する遺伝子がある方は、早めに難聴になりやすいといいます。

 聴力を保つ為には日頃から音量への配慮が必要です。

 イヤホンを使うなら85〜90デシベル以下であれば耳を傷めません。

 若い時から音楽好きでイヤホンで聞いた方は、ある年代から難聴傾向にあると言います。

 電車や地下鉄の車内でイヤホンから音が漏れていることは90デシベル以上の音なので音楽関係者や音楽好きは気を付けた方がいいと医師は言います。

 

 「糖尿病・高血圧・肥満患者は平均より聴力が悪いと言うデータ」があります。 

 音が聞こえなくなるとだんだんと会話が成立しなくなり、周りとの人間関係や精神面にも悪影響を及ぼします。

 本人のダメージも大きく、家に閉じこもるようになります。

 耳が聞こえにくくなるとQ・O・Lが落ちますので、早い段階で専門医を訪ねましょう。

   

 高齢化と共に誰にでも起こる問題ですので、早め早めの健康診断が必要なようです。

 スマートフォンによる若い世代の視力の低下、スマホ依存症等考えられない出来事が起きつつあります。

 

 

 

 

 

 

アスニア通信05月    2019.05(250)

  • 2019.04.14 Sunday
  • 09:53

  アスニア通信05    2019.05250

 

 

  平成天皇の退位、新天皇の即位で日本の象徴が大きな変化を遂げました。

 昔なら良し悪しは別にして、右も左も大きな議論を戦わせる時に、何の騒動も起きませんでした。

 日本人全体が議論しなくなったのか、思考の退化なのか分かりませんが・・・。

 平成は戦争もなく穏やかな時でしたが、東北地震による原子炉の破壊・阪神大震災・ゲリラ豪雨・大型台風・熊本・北海道地震と自然災害の多い平成でした。

 

 平成天皇は国民の象徴としての全国行脚が国民の心に大きな変化をもたらしました。

  アメリカのトランプ大統領の登場で世界が大きな変化を遂げました。

 一人のリーダーにより世界が変わりますので、穏やかな新世紀であって欲しいものです。

           

                   大阪府豊中市  J・Iさん   70歳

 

 

 

 平成から新年号が令和になりましたが、どんな時代になるのでしょうか。

 いつまで経済活動を進めていくのか、今は重厚長大の時代でなく、AIがお金を稼ぐ時代です。

 汗水流して働く時代ではないようですので、クリックひとつで物事が済む時代です。

  ネットで全ての買い物が済む時代です。

 

 私達が行って来た訪問販売は既に時代遅れでしょうか・・・。

 高齢者社会では、時々の見回りが必要ですので、行政との繋がりで何とか出来ないものでしょうか。

 不思議に思っています。

 

               

                   佐賀県佐賀市  T・Mさん  55歳

 

 

 

 新聞・テレビ・雑誌と多くの健康食品が出回っています。

 しかも驚くほどの低価格です。

 消費者にはありがたいですが、本当にその価格で出来るのでしょうか。

 

 私は25年間アスニアの青汁を家族で愛用してきました。

 もちろん会員価格なので購入できたと思いますが、アスニアさんのアドバイスもあり生活習慣を変えました。

 朝食は必ず食べる。食事はバランスよく食べる。適度な運動をする。夜更かしはしない。

 ストレス解消の為に月一回位は家族で出かける等を実践してきました。 

 

 ありがたい事には、子供達が風邪を引くこともなく、元気でいます。

 これは家族の宝です。

 

                   福岡県大川市  M・Kさん  50歳

 

 

 

 

日本人の健康   痔のお話  55

  • 2019.04.08 Monday
  • 12:57

日本人の健康   痔のお話  55

 

 冬は夏ほど水分を取らないので、運動量が減り、痔になりやすい条件が揃います。

 痔は食生活、運動、排便など生活習慣に関する一種の生活習慣病です。

 痔に関する病気は『恥ずかしいから』と積極的に治療をする方は余りいませんので、重症化すると言います。

 

 予防や治療の基本はまず生活習慣をただす事からです。

 痔には「痔核」「裂肛」「痔ろう」の3つがあり、「痔核」「裂肛」は生活習慣の影響が大きいので、生活習慣を変えれば徐々に改善します。

 

 ●出来れば決まった時間に起きて、起き抜けに水をコップ一杯飲み、朝食を摂る

    と腸のぜん動運動が改善し便秘対策になります。             

 ●発症には、姿勢も関わるので座ったままや、長時間の立ち仕事、重いものを持ち

    続ける仕事。

    妊娠や分娩で肛門に腹圧がかかる。排便に時間がかかる等です。 

 ●肛門の周りに余計な圧力や負担を掛けない事です。

  便秘や軟便を避ける食生活を守る事と、排便は2〜3日(72時間)に1度ある

    のが正常範囲です。 

 ●便意を我慢するのが一番の問題で、我慢しないことです。

  便意には波があり一度我慢すると、次の便意まで時間がかかるので、その間に水

    分が失われて、便が硬くなり余計に出にくくなります。

 

 良い排便を促す為の食生活

 ○適切な水分補給をする事で、1日に食事以外で1〜1.5Lの水分補給をする。

 ○腸内環境を整える食品を積極的に取る。

  *プロバイオティクス:(腸内細菌の種類を増やす、数のバランスを整える)

             代表例:ヨーグルト、乳酸菌飲料、甘酒等

  *プレバイオテックス:( プロバイオティクスの働きを助ける)

             代表例:食物繊維、オリゴ糖

 

 ◎食物線維

    *不溶性食物繊維(腸内の食物の体積を増やして、腸のぜん動運動を促す)

    例:玄米・タケノコ・豆類・こんにゃく・きのこ

  *水溶性食物繊維(水分を吸収して、便を柔らかくします。腸内を酸性にして、

           病原菌の増殖を抑える)

    例:海藻類・果物・大麦

 

 家庭で治したい場合には、痔核(いぼ痔)・裂肛(きれ痔)なら基本は温めます。

 シャワーでなく、お尻をぬるま湯につけます。

 

 痔ろうの場合は患部が化膿している時は温めると逆効果になります。

 下痢等を減らして患部を清潔に保つようにします。

 痔ろうは市販の薬では治らないので、早めに医療機関を受診する必要があります。

 

 痔持ちの方は、ウォシュレットが欠かせないといいますが、子供の頃から使用し続けると痔になる可能性が高いとも言いますが、如何なものでしょうか。

 お尻の周りの脂分が流れるので、脂分不足になると専門家の先生が言います。

 

 いずれにしろ日々の生活習慣が大切で、適度な運動・十分な睡眠・バランスの取れた食事・ストレス解消です。

 健康に王道はありません。日々の生活を大切にしましょう。

 

一言多い・つぶやき 現実を見る 258

  • 2019.04.01 Monday
  • 14:03

一言多い・つぶやき              現実を見る   258

 

 毎日の生活の中で、ふっと「不安」にかられる事があります。

 自分に何か「危険が迫っている」「健康不安」「その他のもやもや」等の不安感情が起きているのを察知する感情です。

 

 これは何方にもあるごく自然な感情だそうです。

 そして不安感情もいつの間にか忘れています。

 その不安感情が続いたり、極端な不安に落ちいると問題が大きくなります。

 

 極端な例が職場で行われる年一回の健康診断です。

 時々「再検査」又は「精密検査」等の診断で、特に男女共に40歳過ぎると、血圧、血糖値、内蔵関係に問題が起きます。

 大体が「問題なし」か「生活習慣の改善」を言われますが、「再検査」等の時に「もしも・・・」という不安が起きます。

 

  絶対に病院へ行かない方がいます。

 健康に対する絶対的な自信なのか、病院が怖いのかわかりませんが・・・。

 注射が死ぬほど怖いという大人がいますが、死ぬほど怖い恐怖心は何処からくるのでしょうか。

 たかだか注射と思えば何でもない事です。

 (注射の仕方が上手い、下手の看護師さんがいる事は確かですが・・・。)

  特に健康不安になると現実が見えなくなります。

  現実を直視すると対応策が見えますので、不安解消になります。

  小さなことでも現実を見る事です。

 

   だんだんと年齢を重ねると、身体のあちらこちらと悲鳴をあげます。

 車に車検があるように、時には人間も健康診断が必要です。

   痛みかけた身体の早期発見、早期治療をして早やめ早めの対応が必要だと思います。

 

 

   

 

 

 

 

 

大阪歴史散歩   淀川区・加島の富光寺と香具波志神社 86

  • 2019.03.25 Monday
  • 13:56

大阪歴史散歩   淀川区・加島の富光寺と香具波志神社   86

 

 3月9日の土曜日に、富光寺の釈迦如来像の拝観に伺いました。

 (大阪市文化財保護委員会・朝日新聞主催の釈迦如来像の特別開示)

 東西線加島駅で降りて15分程歩きますと富光寺に着きます。

 広い敷地を持つ大きな寺院で、釈迦如来像は5mを超える大きい仏像でした。

 もう一体は一木造りの不動明王坐像がありました。

 全国的にも5mを超える仏像は珍しく、大阪のこんな場所に存在するとは思いませんでした。

 地域的には大阪の入口になり、古文書からも大きな賑わいを見せていたとあります。

 又、古くから鉄工関係や鍛冶関係の伝承が残っています。

 

  天正19(1591)「富光寺縁起」によると645年天竺から法道仙人が兵庫県に来て、真言宗を広めた際に、紫雲に乗っていた時に、加島の地に光を見たので、近くの樹から阿弥陀如来像を刻んで、奉納したと縁起に書かれてあるようで、古い寺院です。

 

 歩いて5分程の場所に香具波志神社があり、立派で大きな神社です。

 摂社・末社も多く、勝手この地域が繁栄した後が残っています。

 十数年前に参拝したことがあり、江戸時代「雨月物語」を書いた上田秋成が一時住んでいたそうです。

 

 大阪の歴史は古くて、住之江区の住吉神社、尼崎市、淀川沿いから発展したとあります。

  不思議な事に大阪の歴史の全ては上町台地から始まっています。

 何百年も掛かって海と河を埋め立てて、現在の大阪の歴史があります。

 かっては海洋技術と船舶の技術を制したものが、権力を持ち海外貿易で富を得ましたが、時代が変わると微妙に、地域の変化と富のバランスが崩れます。

 栄枯盛衰は時の流れであり、富と繁栄は長く続きませんので、それは時代の流れを見るとはっきりと分かります。

 

   歩いていましたら途中に墓所があり、入って行きますと、法然上人の石碑がありました。

 法然さんも親鸞さんも、各地を良く訪ねて説法をしていたようです。

  4000年前のお釈迦様よりの流れで、新しい宗教を起こした先人の行動力や知恵に対して脱帽します。

 経典一つとっても素晴らしいものだと思います。

 

 

      

 墓所

  

富光寺

     

香具波志神社

 

 

 一言多い・つぶやき 気力と体力  257

  • 2019.03.18 Monday
  • 11:57

 一言多い・つぶやき      気力と体力   257

   

 人は、いろんな問題を抱えて生きていますが、ポジテイブな方は気持ちが楽ですが、ネガティブな方は少し厳しい様です。

 不思議な事にポジテイブ、ネガティブ関係なく世の中は生きて生けます。

 それぞれの持ち分があるようですが・・・。

 

 昨年、全米オープンを制した大坂なおみさんを見ていましたら、新マネージャーのアドバイスが良かったのか、本人の気持ちが変化したのか、ポジティブな気持ちで戦っているのが、よく理解できました。

 (ある雑誌に、大坂なおみチームの分析力が掲載されていました。相手選手の一球一球の分析からメンタル面まで、コンピューターを駆使してのデータ集めでした。)

 ウエアもカラフルな服装から黒一色の勝負服に変わりました。

 例え負けたとしても、彼女にとっては良い試合だったと思います。

 

 日本で開催の東レパンパシフィックの決勝戦は前日と違って、最初から戦う顔ではありませんでした。

 スポンサー関係のイベントに振りまわされたのか、連日の転戦の疲れか分かりませんが、プロ選手のメンタルはとても不思議です。

 それを含めて勝つのがプロと言えばプロです。

 

 唯、プロ選手に対する試合後のインタビューの内容は、選手に対して大変失礼だと思います。

 試合内容でなく、プライベートな事しか聞いていませんでした。

 最後に大坂選手があきれたように最後の質問に、こんな質問でいいのですかと逆にインタビュアーに聞き返していました。

  最近のレポーターは、芸能人に聞くような内容をアスリートに質問します。

 アスリートは芸能人ではないので、もっとスポーツに関する専門的な事を聞いて下さい。

 でなければ報道のレポーターとしては失格です。

 あまりにもお粗末でした。

 

 良くネアカ、ネクラと言いますが、個々の精神力の差なので良し悪しは別ですが、大坂選手はまだまだ21歳です。

 若いアスリートが世界のトップレベルで活躍するのはとても楽しみな事です。

  全豪オープンでは錦織圭・大坂なおみさんが活躍して、大坂なおみさんは優勝してランキングが世界一になりました。

 決定戦を見ていましたら全くの五分五分の戦いでした。

 相手に流れが来たので相手は勝てる自信があったと思いますが、最後に休憩を取った後、彼女の顔を見た時に勝てると思いました。

 別に根拠はありませんが、顔の表情が全く違いました。(インタビューで、後悔しないだけの戦いをしたい、唯それだけの気持ちを切り替えたら冷静になれましたと答えています。)

 今後共、頑張って欲しいものです。 

 

痛い!!帯状疱疹 AT-04

  • 2019.03.11 Monday
  • 11:29

痛い!!帯状疱疹  AT-04

 

 ある日突然、顔や身体の片側に赤い発疹が出て、痛みを伴います。

 これを帯状疱疹といい、80歳までに3人に1人がかかると言います。

 

 帯状疱疹の原因は「水痘・帯状疱疹ウイルス」で水ぼうそうと同じウイルスです。

 日本人の成人の90%がウイルスに感染していますので、ほとんどの人が帯状疱疹になる可能性があります。

 水ぼうそうが治った後も、ウイルスは感覚神経の根元にある神経節に一生潜伏します。

 日頃は、リンパがウイルスを記憶して監視していますが、リンパが減少すると突然ウイルスが暴れだします。

 

 活性化の一番の原因は免疫力の低下です。

 加齢・疲労・ストレス・糖尿病・ガンなどの病気が誘因にもなります。

 

 再活性化したウイルスは増殖しながら皮膚の表面に沿って移動します。

 この時に神経や周辺の組織を傷つけるので痛みが出て、ポツポツの赤い発疹が帯状に広がり、水ぶくれになります。

 痛みや発疹は身体に左右どちらかの片側に現れます。

 場所は顔・頭・胸・お腹・背中・腰・股間とあらゆる処に発生します。 

 

 発疹がでて3日以内に抗ウイルス薬を投与すると重症化が防げると言います。

 治療が遅れれば遅れるほど、痛みや皮膚の症状が悪化して長引きます。

 普通は週間程度で治まり痛みも消えますが、50代になると1ヶ月以上かかる場合もあります。

 「高齢者や持病を持っていると免疫力が落ちている人、治療中に無理をすると3ヶ月以上痛みが続く『帯状疱疹後神経痛』になります。

 『帯状疱疹後神経痛』になると10年以上も痛みが続く場合があると言います。

 

 帯状疱疹は多忙で休めない時に発生するので、受診を先延ばしにすると、後でとんでもない痛い目を見ます。

 後遺症を残さないためにも、早期診断と治療、休養の確保がいります。

 

 2014年から1〜2歳を対象に2014年から定期接種が開始され、2016年には50歳以上の成人を対象に帯状疱疹予防を目的に接種可能になりました。

 

 私も体験者です。

 ある夏に虫が刺したような斑点がお腹にいくつか帯状にでました。

 痛くも痒くもなく2〜3日放っていましたらお腹の中で太鼓が鳴るようにドクドクと言うような痛みが出始めました。

 近くのクリニックに行くと、直ぐに大病院への紹介状が書かれ、次の日に大きな病院に行くと「帯状疱疹で30日間の入院で絶対安静です。」と言われました。

 50歳過ぎて帯状疱疹になり、いい加減な処置をすると、後々大変な痛みを伴うので絶対安静と言われました。

 

 入院は難しいと言いましたら、自分と会社どちらが大事ですかと言われ、担当医師と相談の結果。

 仕事は9時から5時迄で直ぐ帰宅する事。

 自宅では絶対安静にしておくこと。

 30日間の禁酒を守る事を条件に帰宅しました。

 薬を飲みながら4週間上記の件を守りましたら完治しました。

 

 知人に帯状疱疹の体験者がいて、中途半端に治したので、後々痛みに悩まされていました。

  帯状疱疹だけは、医師が言うアドバイスを素直に聞く事です。

慢性疼痛AT-04

  • 2019.03.11 Monday
  • 11:10

慢性疼痛   AT-04

 

 

 「慢性疼痛」と言う病気があります。

 腰痛、関節痛、ケガなどにより3ヶ月以上痛みが続く事を言います。

 人によっては全身に痛みがあり、日常生活にも支障をきたしますが、病院に行っても原因不明で、痛み止めの薬をもらう程度でした。

 家事、学業等の日常生活に問題が起きます。

 

 日本人の10%〜20%が何らかの痛みを抱えていると思われ、心理的な影響も大きくて、医師だけでなく、臨床心理士、理学療法士等の多職種で診療する機関が増えつつあると言います。

 慢性化する痛みは脳科学の進歩で明らかになりました。

 短期で消失する痛みは、末梢神経を刺激するので、炎症や傷が治まれば自然消滅します。

 慢性の痛みは苦痛に関わる脳内の神経回路が変化して、痛みが持続的に生じやすくなる為に起きて、病巣や炎症が無くなっても痛みが消えないと言います。

 

 「痛みは生体に起きている何らかの異常を生体自身に伝える警告信号です。有害状況を回避して生き延びる為に不可欠なメカニズムとして進化の過程で獲得した機能」と説明します。

 慢性疼痛の患者の多くは「いつも痛みの事を考えてしまう」と言い、「痛みが高い優先度で患者の意識の中に割り込んで警告信号を発し続ける為」なので「治療目標は痛みをなくすことでなく、痛みが気にならないようにする」と先生方は話します。

 

 慢性疼痛が不思議は事は、既に病気が治っているのに痛みが続きます。

 この痛みは心理的な要因が大きく、家族関係、仕事上でのストレス等、本人が気付かない中での心理的影響が大きいと言います。

 

 2010年厚生労働省は検討会を開催して

  ^緡殿寮の構築

  医療者の教育と国民への啓発

  情報提供、相談体制の充実等を提言

 2016年度「医学教育モデル・コア・カリキュラム」は慢性疼痛に関する内容を拡充した。  

 20183月関連学会で治療ガイドラインが完成した。

 

 慢性疼痛の分類

  1)一次性(原発性)慢性疼痛

  2)ガン性疼痛

  3)術後痛・外傷後疼痛

  4)神経障害疼痛

  5)頭痛・口腔顔面痛

  6)内蔵痛

  7)筋骨格系疼痛

アスニア通信04月 2019.04(No.249)

  • 2019.03.11 Monday
  • 11:08

アスニア通信04 2019.04(No.249)

 

 

 

 ブームや流行は不思議なモノで5年から10年サイクルで、新しい業種が脚光を浴びますが、やがて消滅して嘘の様にブームが終わります。

 生き残った企業がやがて手堅い会社として残り、そして老舗となります。

 

 戦後は、繊維産業・鉄道関係・映画産業・電気産業・自動車産業・出版業界・テレビ業界・証券業界・百貨店業界・旅行業界・土木建設・外食産業・コンピュター業界・ゲーム産業・IT産業と変化してきました。

 今はAIになりスマホ業界が圧倒的な力を誇示しています。

 群雄割拠し、百花繚乱の花が咲き、やがてお祭りが終わります。

 

 「ゆく河の流れは絶えずして しかも元の水に在らず 淀みに浮かぶ泡沫は かつ消えかつ結びて 久しく留まりたる試しなし 人と住処も又各の如し」

 

 

                   大阪府豊中市  J・Iさん  70歳

 

 

 

10月より消費税が10%になるようですが、本当に上がるのでしょうか。

景気対策として5%の還元等、色々と対策を立てているようですが、何の為の消費増税なのでしょうか。

 5%還元もすでに穴があり、財務省、経済産業省で責任の擦り合いをしています。

 先進国で日本は消費税が低いと言いますが、本当に計算すると20%近い税率になるようですが・・・。

 前回の8%UPの時も3%を福祉に回すと言いながらいつの間にか、忘れて別の使い道でした。

 

 2回も先送りして、今回は逃げ道がなく増税ですか。

 その前に大手企業は内部保留が潤っているの、大手に対する減税は何の為でしょうか。

                      

                   福井県福井市  K・Eさん  58歳

 

 

 

 日本に外国の観光客が多く来ています。

 今頃になって日本ブームなのか分かりませんが大阪の商店街は様変わりしました。

 ある場所は、日本人の買い物客がほとんどいなくて、インパウンド様式でした。

 逆にアジア圏が裕福になりつつあるのでしょうか。

 多くの買い物をして、お金を使ってくれるので経済的には潤います。

 帰国後、日本製品をNETで購入するので、愛用者が増えます。

 航空会社は潤い、品物が売れ、ホテルは満室で良い事ずくめですが、マイナス面はないのでしょうか。

 

 日本は観光立国を目指すと言いますが、インパウンドが少なくなり、観光資源にお金をかけた場合に、その余波はどうなるのでしょうか。

 私が考える事ではないのかも知れませんが。

 

                    

                   大阪府高槻市  H・Mさん  60歳

                 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM